bf38ef2db0f47a933ec7a3f119f8e0bd_s

(掲載:2018.9.6、更新:2019.1.23)

長いようで短い道のりでしたが、ようやく、新居への引っ越しを終えました。
アートさんの引っ越しも、旧住所の引き渡しも、無事に完了です。
新築物件ではなく、リノベーション物件ですが、十分に快適さを感じてます。

また、改めて衣食住の大切さを感じてます。
旧住居も居心地がよく、快適でしたが、新居にはワクワクとウキウキが加わった感じ。
人は、食べるものも、着るもの、そして住むところも目指す自分に合った場所にすると良いですね。




◆運命を感じるリノベーションマンションとの出会い。

一番高いお買い物でも、ゆずれないものがある!マンション購入に一歩踏み出す!!

今回購入を考えている気に入ったものは、フルリノベーション済みの中古マンション
温もりや開放感に満ちあふれた空間をもちあわせた、サーフスタイルのおしゃれな2LDK+S
1,700万円の低価格に惹かれて物件を購入を進めます。

「お買い得な価格とはいえ、ドキドキ。」

「リノベーションとはいえ、中古だしな。。」

「いつまで住めるのかなぁ。。。」


昨年、検討した新築のマンションはよくあるまとまった物件でした。
新しくて綺麗ですし、当然3,500万円越えでした。

「全然ワクワクしない。。」

「みんな良く買うなぁ。。」


ワクワクしないものに、無理して35年ローンは決められませんでした。
買わない結論をだしてから、しばらく不動産は良いかな、と思っていたところに、ふと奥さんがよさげな物件を見つけてきてくれました。

いわゆる新築マンションには無い、おしゃれな色合い。
西海岸をイメージした、ユニークな家具のならび。
ひときわ目立つアイランドキッチンと収納たっぷりのパントリー。
家での仕事にぴったりの開放的な書斎。
アウトドアやサイクリングにはもってこいの土間。
これらの1つ1つが、築古マンションの息を吹きかえしているようです。

「こんな空間で生活できたら、ワクワクするわぁ。」

今から生活することをイメージすると胸が高鳴ります。




◆偶然が重なり、マンション購入を決める!!

とんとん拍子に進むマンション購入に、死角はあるか!?

「北海道行きが中止になったので、どうしようか?」

「そうだ!不動産をみにいこう!!」


お目当の物件で気になる点があったので、無理を言って急遽不動産を見させて頂きました。
日当たり、換気扇など、100%納得したわけではありませんが、

決めました!

担当者さんの価格交渉して頂けるという誠意が伝わり、その場でサインしました。
決めたら、不確かなものが明確になり、解決に向かうので、まずは決めることが大切ですね。

実は、この物件は中古マンションなのですが、築24年なんです。
この24年という数字にピンと来る方がいらっしゃると思います。

そうです。

住宅ローン控除が適用される物件です!

なので、購入価格の1%が10年間毎年控除されます。
つまり、毎年17万円分の税金をおさめなくてよくなります。
合計170万円は、かなり大きい金額ですよね。

そのような切り口からも、魅力的な物件なんです!
同じく中古物件を検討される方は、住宅ローン控除についても、しっかり確認してみてください。




◆住宅ローンの金利は、安いに限る!

住宅ローンの融資先を選んでいますが、なかなか迷うところです。
価格ドットコムでも一位を獲得する、金利最安のSBI銀行で決まりと思っていましたが、死角がありました。
次の2つの金融機関に絞ってみましたが、こんな違いがあります。

◆ろうきん
変動金利:0.75%
融資手数料:54,000円

◆SBI銀行
変動金利:0.457%
事務手数料:融資額の2%(1700万円の2%=34万円

金利が0.3%違うと、35年で約100万円も変わります。(35年間金利が一定の場合)
ただ、手数料が286,000円上乗せなので、実質714,000円の差になります。
店舗のあるろうきんは、いろいろ手続きが便利なのですが、この金額の差は大きいので、ほぼほぼSBI銀行で決まりですね。




◆面倒なインターネット回線の引越しもサクッとサポート

『引っ越しに欠かせない、スマサポとは!?』
物件を購入した後に待ち構えているのが、引っ越しです。

「荷造りが、何かとメンドウ。」

「引っ越し業者を選んだり、インターネット回線の解約だったり、わずらわしいわぁ」


となかなか重い腰が上がらないことは、ありませんか?
今回見積もりを依頼した引っ越し業者さんに、とある会社を紹介して頂きました。
その会社とは、株式会社 スマサポです。
こちらの会社は、不動産に関する様々なサービスを行っています。

今回お世話にるサービスは、「インターネット回線の最適化」です。
つまり、

◆引っ越し先で利用できる、インターネット回線はどのプロバイダか?
◆使用中の回線を解約する必要はあるか?
◆解約した場合の違約金を考慮した結果、どうするのが最も安いか?

といったことを調べてくれるわけです。
もちろん、自分で調べることはできるのですが、けっこう時間がかかります。
スマサポではトータルで、2時間程度あれば、最適なプランを提案してもらえるので、便利!

新しい我が家には、”ソフトバンク光”が最も適したプロバイダーであることがわかりました。
使用中の回線の違約金も10万円まで保証可能。
月々使用料も1,000円削減。


我が家としては、大満足な結果となりました。
もし、自分で調べるのが、メンドウな方はスマサポを活用して見てはいかがでしょうか。




◆意外にも引越し価格が安いのは、日曜!?

『引越し費用を最も抑えられる日はいつ?イメージ先行の引越し料金』

誰しもが引越し費用を安く抑えたいですよね?
なので、引越しシーズンである、3月・4月、9月・10月は避けたいところです。
また、家賃の重複を避けるため、月末に需要が集中します。
次に、土日の引越しの需要が高いイメージがありますが、日曜と月曜の比較がこちら!

⬛︎  日曜:8時〜12時の間、53,460円
⬛︎  日曜:8時〜16時の間、42,660円
⬛︎  月曜:8時〜12時の間、59,750円
⬛︎  月曜:8時〜16時の間、48,060円


なんと!月曜日より日曜日の方が、引越し費用が安いんです!
なぜならば、遠方から引越される方々には、月曜日が人気なんですよね。
今回の結果は、契約させて頂いた、アート引越センターさんの見積てす。
いずれにしても、最も安い料金を狙うのであれば、一括見積もりサイトを活用すると良いですね。




◆ネット銀行には、大きな誤算が。。。

いよいよ、物件の引き渡しの日が近づいています。
住宅ローン審査の結果は、通りましたが、まだまだソワソワしていますw
実は、ネット銀行のデメリットにハマってしまいましたw

デメリットというのは、3つあります。
◆ ネット銀行と不動産業者が直接コミュニケーションを取れないため、間に自分を介する必要がある。
◆ ネット銀行とのコミュニケーションがメールor電話であるため、ダイレクトに意志を伝えられない。
◆ ネット銀行には、融資までの最低スケジュールが決まっているため、不動産業者のスケジュール感に合わせると、非常にタイトな日程になる。


不動産業者は、店舗のある銀行に慣れていますし、場合によってはそれぞれの担当者が元々面識がある場合もあります。
しかし、ネット銀行はそうではありません。
ネット銀行自体が最近増えてきため、不動産業者はネット銀行のシステムに慣れていません。
さらには、専属の担当者はいないため、自分自身が間に入ってコミュニケーションを取る必要があります。

もちろん、金利が大きく異なりますので、ネット銀行のメリットは十分にありますが、面倒な手続きを省きたい方や時間を大切にしたい方は、店舗型の銀行を選択するメリットもあります。

確かに手続きは大変ですが、70万の金利差があるのであれば、頑張った方が良いです。

★ネット銀行で住宅ローンを借りる際の手順をまとめてますので、詳しくはこちらを参照ください。
ネット銀行でお得に住宅ローンを借りる7つの手順!!



◆新居の引き渡しが完了しました!!

実に、物件購入を決定してから、1ヶ月というスピードであれよあれよ、と言う間に購入できちゃいました。

引き渡しは、不動産会社のメインバンクで執り行われました。
司法書士の先生が2名と不動産会社の方、そして私たち夫婦。
ネット銀行は、指定の司法書士の先生がいらっしゃるので、要注意です。
わたしは、すっかり読み落としていましたw

書類上の手続きは淡々と進み、あとはネット銀行からの振込を待つばかり。。。
これまでWebで入力してきた手続きが、的確であったのかドキドキしながら待つこと15分。
無事に不動産会社の口座に振込が完了し、ことなきを得ました。

ネット銀行からの融資でしたので、スムーズに行かない点もありましたが、結果的に問題もなく、無事に初めての不動産購入を完了でき感謝です。