5f3c303c409c252707deac33c4cc8127_s

(更新:2018.12.14)

11月の電気代が上がってしまいました。。

10月の引っ越しにより、環境が変わって、電気を多く使うことがわかりました。
引っ越し前の家がとても日当たりがよく、電気をあまり使わなかったわけですね。
それでも、今月の電気代は、

◆ 2018. 11月度:101kWh、2,675円

安いですよね〜
やはり、Looopでんき、お勧めです。
楽天でも電気事業が始まってますので、こちらも参考してみてはいかがでしょうか。



(更新:2018.7.19)
光熱費を節約するコツ!電力自由化にあやかって、”Looopでんき”に登録、実績公開!!

光熱費は、意外と家計を圧迫する項目ですよね。
節約の基本は、光熱費と言っても過言ではありません。
まずは、平均的なご家庭の光熱費をまず知っておきましょう。
ご家庭の光熱費は、以下の平均より高いでしょうか?それとも低いでしょうか?
【1人暮らし世帯】
・電気:2,000円/月~5,000円/月
・ガス:2,000円/月~3,500円/月
・水道:3,000円/月~5,000円/2ヵ月
=5,500円/月~11,000円/月
【2人暮らし世帯】
・電気:8,000円/月~12,000円/月
・ガス:4,500円/月~6,000円/月
・水道:4,000円/月~6,000円/2ヵ月
=14,500円/月~21,000円/月
【3人以上のファミリー世帯】
・電気:10,000円/月~13,000円/月
・ガス:5,500円/月~8,000円/月
・水道:6,000円/月~8,000円/2ヵ月
=18,500円/月~25,000円/月

無理のない範囲で、使用料を削減することが大切ですが、ストレスになっては大変です。
それよりも他に光熱費を下げる選択肢があります。
それは、契約している会社の見直しです。


◆電気料金

2016年4月から、電力自由化が始まったことで、使用料金の安い電力会社が増えています。
電力比較サイト”エネチェンジ”などで算出してみたところ、我が家の電気代が、

■ 年間の電気代:37,000円 ➡️ 年間27,000円で、10,000円安くなる結果でした。

我が家は2人暮らしですが、ここまでくると1人暮らし並で、驚きですw
その中でも最安圏内の”Looopでんき”は、基本料金がゼロ円で、斬新な料金体系になってます。
長期間不在される方にとっては、基本料金の支払いがないので、ありがたい制度です。 

早速わが家は、4月8日から"Looopでんき”に乗り換えました。
実績は以下の通りです。

◆ 2018.5月度:79kWh、1,922円
◆ 2018.6月度:71kWh、1,808円
◆ 2018.7月度:80kWh、2,044円


*5月はGWがあるため、数日家を留守にしていましたが、まさか2,000円を切るとは!?正直驚いています。
エネチェンジの見積もりとほぼ同等の結果となりましたので、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?


さらに、"Looopでんき”は、ハピタスでも取り扱いがありますので、ハピタスを経由して契約すると、3,250ポイントをゲットすることができます。
*ただいま、ハピタスでの取り扱いはありません。 


ハピタスの登録がまだの方は、こちらからどうぞ!!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス 

ちょびリッチでは、現在取り扱い中です。
■ 獲得ポイント:1,000ポイント(実質500円)
■ 獲得条件:新規契約

ちょびリッチへのアクセスは、こちらからどうぞ!
⬇️ ⬇️ ⬇️ ⬇️ 
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ



◆ガス料金

ガス料金も比較サイト”エネチェンジ”などで算出してみたところ、我が家の電気代が、
■ 年間のガス代:60,000円 ➡️ 年間50,000円で、10,000円安くなる結果でした。

が、借家だとガス会社を変えるのは難しいです。
実際、わたしが住むアパートの管理会社に確認したところ、賃貸物件はまとめて契約してるため、個別には変えられないとのこと。
プロパンガスは高い、というイメージで料金を受け入れてしまっている方が多いようですが、ガス会社によってはもっと安くなる可能性が高いです。
戸建ての方は是非検証してみてはいかがでしょうか。
どんどん固定費を削減していきましょう!



◆エアコンのつけっぱなし

そろそろ夏が近づいてきて、エアコンを稼働し始めたご家庭もあるのでは?
そこでエアコンの節約について調査してみました。

ab7240f7b18fb498cba0fae3cc76ced2_s


よく聞かれるのが議論されるのが、次の内どちらの電気代がお得か?

◆エアコンをつけっぱなしにするケース
◆こまめにつけたり切ったりするケース

ついついやってしまいがちの、「つけっぱなし」ですが、事前に損得を理解しておけば、防ぐこともできます。
以下は、2016年ダイキンさんの調べを引用。

1.日中は、35分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安い。
2.夜は、18分までの外出であれば、エアコンを「つけっぱなし」の方が安い。

つけっぱなしでも電気代が安くなるケースがありのは驚きです。
エネルギーは、設定温度との温度差を埋める時に最も消費するので、上記の時間程度であれば設定温度を維持する方が効率が良くなります。
また、切れている状態からは、強さを「弱」でなく、「自動」で一気に設定温度に近づける方がトータルの効率が良くなります。

ただ、夏の暑い日だと一旦エアコンを切ると、帰宅した時に猛烈に暑くなります。
なので、帰宅後の快適な環境を作るために、つけっぱしにしてしまいがちです。
長期間のつけっぱなしは環境にも良くないので、できるだけ控えたいです。


◆節水ヘッド

水道代とガス代の両方を削減できる方法が節水シャワーヘッドです。
年間でおよそ 10,000円近く節約した人もいます。
特にシャワーをよく浴びる方は、是非お試しください。
節水シャワーヘッド自体は、1,000円程度から販売されいますので、お好みのものでまず試してみてはいかがでしょうか。